運動が苦手でも大丈夫!身体を動かすことは気持ちいいヨガのススメ 浜松市ヨガ教室

   

運動と身体を動かすことの好き嫌いはイコールではない

運動の好き嫌いと、身体を動かすことの好き嫌いは一致しないと最近よく思います。
運動が嫌いだからと言って、身体を動かすことが嫌いとは限りません。

例えば、片づけをする、掃除をする、家庭菜園・園芸をする、料理を作るのも身体を動かすことに含まれると思います。
だって身体を動かしていますから。(屁理屈みたいですが。)

運動は苦手だけど、掃除をするのは好きという人はいると思います。

運動が苦手な私がヨガを体験して実感したこと

私は子供のころから運動があまり好きではありませんでした。
激しい運動は特に苦手。

中学生のときは、卓球部で楽しく部活をやっていましたが、
高校生のときは食物部という週1回料理を作って食べるだけの帰宅部に入っていました。

大人になってからは、体育の授業がないのをいいことに全くスポーツや運動などをしていませんでした。

最後に運動らしいことをやったのは、大学の体育の授業が最後。
それ以来社会人になってからは、ほとんど運動やスポーツをすることはなく、体力がなく、とても疲れやすい体質でした。

そんなあるとき、母の勧めでヨガの体験レッスンに行くことに。

レッスンでは、何とかポーズを見よう見まねでとり、訳がよく分からないまま終了。

ただレッスンが終わったあとは、身体と心が軽くなり、何とも言えない心地よさを感じ、
「身体を動かすのは気持ちいい」
「ヨガって気持ちいい」
と実感しました。

 

ヨガのポーズは自分の身体に合わせて調節できる

ヨガでは、普段の生活ではやらないような格好のポーズをとっていきます。

そうすることで、普段の生活では使えていない筋肉を使い、日常生活で硬くなりやすい筋肉は緩めて、全身をほぐしていきます。

身体が緩むと、自然と心もほぐれていきます。
身体と心が軽くなる心地よさは本当に気持ちがいいんです。

ヨガと言っても運動量が多いものから、運動量が少ないもので様々なヨガのクラスがあります。
たとえ運動量の多いヨガのレッスンでもクラスの最後にはリラクゼーションのポーズをとっていくので、
身体を動かしたあとの心地よさを実感できると思います。

そしてヨガがいいのは、自分の身体に合わせて調整しながらポーズがとれること。

身体の位置や足を開く幅、身体の角度など自分の身体に合うように調節ができるのです。

たとえば前屈にしても、ただ単に身体を前にたくさん倒せばいいというものではなく、
コツ・ポイントをおさえたうえで、今の自分が無理なくいける角度まで倒せればそれで充分なんです。

運動が好きではなかった私でも自分の身体に合わせて無理なくできて、気持ちよさを味わえるヨガは自然と続けることができました。
結果、体力がつき、疲れにくい体質になり、お腹やウエストが引き締まり、姿勢が良くなったりと良い変化を実感しています。

☑運動が得意ではない
☑激しい運動が苦手
☑身体が硬い

でも

☑身体を動かしたい
☑運動不足を解消したい
☑体力をつけたい

という方にこそヨガはおススメです。

これは自分の身体で経験した方が早いので、ぜひ一度体験してみて下さいね。

 

ヨガの体験レッスンはこちら

 

 - ブログ 記事, ヨガが初めての方へ, ヨガについて

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。